スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑TOP
ストレッチ(体操)してますか?
1、ゆっくり休んでますか?
2、しっかり休んでますか?
→うんと言えないあなたに送ります。

休むため・動くため両方への一つの大事な要素・・・
もちろんストレッチ(体操)ですね。
今日はそんなストレッチの種類をざっと書きますよー楽しい

簡単に分けるとこんな感じになります
(参考)http://www3.plala.or.jp/nyarome/tre/stretch/st3.htm

●スタティックストレッチ(静的)
・一般的に想像されるストレッチがこれにあたります。
・一人で簡単に行うことが可能です。
・ダウンにむいてます
もうちょっと詳しく

●ダイナミックストレッチ(動的)
・主に「動的柔軟性」を改善、獲得するためのストレッチです。
・アップにむいてます
もう少し詳しく

●バリスティックストレッチ(ダイナミックの一種)
・反動を利用したストレッチです。
・アップにむいてます
もう少し詳しく


●徒手抵抗ストレッチ(PNFストレッチ等)
・パートナーが抵抗をかけながら行うストレッチです。
・手技に熟知している必要があります。(パートナーの力量が勝負)
もう少し詳しく

●※ムービングストレッチ(動的な部分と静的な部分があります)
もう少し詳しく
・アップ&ダウン両方OKです

といったおおまか3種類になります
どのストレッチも一長一短(ムービングを除く)でありその使い方次第
ということはなんとなくわかっていただけると思うのですが、
最初の文章の『ゆっくり・しっかり・・・』にかかるというとですね、
簡単に書くと、
疲れる→筋疲労→硬くなる→血行不良
といった状態でただ寝ると、
血行不良のため→疲労物質が流れにくい→疲れが抜けない
→疲れやすくなる
といったことはよくある話です、
そして適度なストレッチは副交感神経・交感神経を刺激し
その場にあった気持ちを作ってくれるので、
寝る前で言えば静的ストレッチを行うと副交感神経を刺激し、
体を休める方向へと導いてもらえます。

ほかにもさまざまな効果があるのでそれはまた次回にしたいと思います。
ではまた月
| 健康一般 | 00:02 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
スターティックストレッチ(静的体操)
今回は静的ストレッチについてのもう少し詳しいものです。

静的ストレッチング(スタティックストレッチング)
静的ストレッチングは最も一般的に行われているストレッチ法でしょう。

静的ストレッチングには二つの方法があります。

一つは静的−アクティブ・ストレッチ法で対象となる部位を徐々に伸ばしていき心地よいほどの痛みを感じるところで20〜60秒保持します。

もう一つは静的−パッスィブ・ストレッチ法で
言葉どおりパートナーに対象となる部位を徐々に伸ばしてもらい
心地よいほどの痛みを感じるところで20〜60秒保持します。

通常静的ストレッチでは反動を使って
一気に伸ばしたりしてはいけないのですが、
徐々にリズミカルに伸ばしていくことで
神経システムがその動作に適応し、
より広い稼動域でストレッチを行うことが可能となります。

行うと副交感神経(休憩体制)に刺激がはいるようで
ダウンに適しているのようです。
アップ時には戦闘体制に入りずらいので不向きです。

事故(怪我)が起こる可能性は低いので、
どの年齢においても手軽に行えるのが、
いいところだと思います。

上記の方法が全てではありませんのでご理解ください。

| 健康一般 | 17:54 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
ダイナミック・バリスティックストレッチ(動的体操)
今回は動的ストレッチについてのもう少し詳しいものです。

動的ストレッチング(ダイナミックストレッチ)

ダイナミック・ストレッチは特定の範囲で腕や脚を動かして行うストレッチの方法です。
ダイナミックストレッチにはいくつかのパターンがあるのですが、
その全てにおいて安全に行うためにポイントがあります。

狭い可動範囲でストレッチを行い、徐々にその振幅を広げていく。

最終的に振幅を自分が行える可動範囲まで広げていく
↓。
可動域が限界に近づいてきたらその一歩手前で抑えておく。

たとえば、ハムストリングスの動的ストレッチに脚を前に蹴りだす
(スウィングさせていく、立って足を振る動作)というのがあります。
この場合、徐々に可動域(振幅)を広げて
自分が行える可動範囲の一歩手前まで行っていきます。

行える可動範囲の限界を超えて動的ストレッチを行うと
怪我をする危険性もありますし、
伸張反射(ストレッチ・リフレックス)
といって逆に筋肉が伸ばされすぎた反動で収縮し、
逆に筋が緊張した状態になってしまいます。
(伸張反射とは本来筋肉や腱が伸ばされすぎて
切れないようにするための防衛的な反応です。)

動的ストレッチを行う際には徐々に可動域を広げていくという点、
そして最大可動範囲の一歩手前で
抑えておくという点を守って行いましょう。

アクティブに行うと言う点でアップには向いてます。
上記にあるように稼動を理解して行わないと
怪我をする恐れがあります。

就寝前等の休息時には不適です。

※バリスティックストレッチはダイナミックの一種で反動をつけて行うものをいいます。
かなり注意を払う必要があるのでお勧めはしません

※上記が全てではありませんのでご注意ください
| 健康一般 | 00:55 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
PNFストレッチについて
今回は徒手抵抗ストレッチ(PNFストレッチ等)』についての
もう少し詳しいものです。
例として、PNFストレッチを上げます。

ちょー簡単に特徴を書きますと、

 基本的には二人で行う
◆↓,覆里覗箸狄佑竜士未かなり関係する
、日本では操体法なんかと呼ばれたりする
ぁ■院北榲とする筋を使いそれをキープさせる
  2)筋は使用後に瞬間的に緩みやすくなる
    (ストレッチしやすくなる)性質を利用
  3) 2)を使いキープさせて
    筋を使用した後すぐにストレッチをかけることにより
    沢山ストレッチかける
ァ↓い1)〜3)を行うことにより、柔軟性はあるが、収縮が出来る
 (動ける、だれていない)状態を作ることができる

と言った感じです。



例としては、画像(上)のような形から
(青シャツの人が)体を起こしてくるのを
もう一人(白シャツ)の人が数秒止めて
その後に力を抜きもう一度下の画像のようにストレッチをするというものです。



繰り返すとまだ柔らかくなります。

長くなりましたがこんな感じです。
※パートナーストレッチはこれだけではありません

気軽に質問、書き込みしてくださいね (o⌒∇⌒o)
| PNFCについて | 10:51 | comments(1) | trackbacks(0) | ↑TOP
ムービングストレッチ
今回はムービングストレッチについてのもう少し詳しいものです。

ムービングストレッチはPNFC TEC JAPANの登録商標で、
4日くらいに渡ってお話をしているその他のストレッチの
いいところを集めたようなものです。

特徴は
‘阿の両端でストレッチをかけてから、ゆっくりと動きながら行う
PNFC TEC の理論に基づき行う
 ,里箸Δ蟾圓Δ里如⊂祿欧狼こりにくい
ぁ´,里箸Δ蟾圓Δ里如▲好肇譽奪舛UP及びDOWNに使用できる
ゥ好肇譽奪繊トレーニングの総称であり、年齢を問わず行えます。
詳しくは→http://www.pnfc.co.jp/strechi.html

・PNFコンディショニングではムービングストレッチも必要に応じて指導していますよ(^_^)。
| PNFCについて | 09:54 | comments(2) | trackbacks(0) | ↑TOP
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
CATEGORIES
RECOMMEND
だれもができる速効コンディショニング法―症状改善手技&運動的処方
だれもができる速効コンディショニング法―症状改善手技&運動的処方 (JUGEMレビュー »)
高田 一寿, PNFC TEC JAPAN, 日本ムービングストレッチ協会, 日本AQUAコンディショニング協会
PNFC TEC JPAN からの本です
読んで損はないと思います
スポーツマンから施療家まで
みなさん一度読んでみてください。
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
いろいろ探してみませんか?
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE
SPONSORED LINKS