<< PNFCを日本語にすると? | main | PNFとは? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑TOP
おおこの小言(足首について)
最近なんだか小言ばかりが増えている感じになっているのですが、また小言を書く事にしました。
今日のお題は
足首の捻挫
です。
どうしてこのお題になったかというと、今スパ!っと思いついたからです。
まあ、前置きはいいとして、
 足首の捻挫はバスケをする人なら通らずにはいられない!
と言える位のものだと思うのですが、
その割にはきっちり対処している人(又は対処できる人)は少ないんですよね。
そのせいか捻挫についてはこんな言葉が当たり前のように聞かれませんか?
くせになってるから・・・この言葉は僕も勉強をする前は普通の言葉だと思っていました。
しかし今から思うと自分の足や身体に対して悪かったなーと思いますね、
それはどういうことかと言うと、
足首の捻挫は軽度のものは大体、
前距腓靭帯・踵腓靭帯などが損傷または部分的に切れたりします。
それにより患部から出血があり腫れます。
1〜2日で腫れはピークになり、その後引いていきます。
腫れが引いてた頃には痛みがかなりおさまってきます。
この時点に来ると痛みが軽い又はないことが多いので
=治ったという判断をして動き始めてしまいます、
※しかし、ここが落とし穴で「痛みがない」
=治ったということではないんですね。
その時点では足首の状態は痛みが引いただけで関節の不安定性は解消されていません。
その状態からストレッチやトレーニングをすることにより、
安定性と機動性を確保できた時を僕は練習・活動の再開時期だと思ってます。

因みに、その不安定性は時に、
内股・膝の痛み、腰の痛み、肩こり等などに関与している場合がありますので御注意ください。
ですから、最初に言ったように、今は、足首や身体には悪い事をしたなーっと思っています。

またまた終わりまでどうもありがとうございました。
何かありましたら、気軽にきいてみてください。
| 小言 | 00:35 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
スポンサーサイト
| - | 00:35 | - | - | ↑TOP
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://pnfc-ookojima.jugem.jp/trackback/4
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
CATEGORIES
RECOMMEND
だれもができる速効コンディショニング法―症状改善手技&運動的処方
だれもができる速効コンディショニング法―症状改善手技&運動的処方 (JUGEMレビュー »)
高田 一寿, PNFC TEC JAPAN, 日本ムービングストレッチ協会, 日本AQUAコンディショニング協会
PNFC TEC JPAN からの本です
読んで損はないと思います
スポーツマンから施療家まで
みなさん一度読んでみてください。
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
いろいろ探してみませんか?
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE
SPONSORED LINKS