<< 治療の前の大事な問診 | main | 施療(治療について) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑TOP
手首のスナップについて
今回のお題は手首のスナップです。

 スポーツをやったことのある人ならば一度は耳にしたことのある言葉だと思うのですが、その動きをしっかり把握している人は僕の知っている限りではほとんどいないのではないだろうかと言うのがこのすなっぷです。
 まず一般的なスナップはと言うと、手の平を下の方へかえす動作と答える人がほとんどだと思います。
しかし、それは手首の掌屈という動作でしかないんですね、手首には+屈・尺屈・⊂原・背屈・(前腕の)回内・回外などがありその中の尺屈・掌屈・回内が合さった動作をスナップというんです。

この動作を正確に行うことは、手関節の故障の予防や、パフォーマンスの向上につながるのでスポーツをやってる人はもちろんのこと、手を使う仕事をしている人はその動作がしっかりできるようにしておくことはとても大切なことですね。
普段の生活の中での例としては「ノック」「体温計を振る」などがありますね。
一つの例ですが、投球後に掌が体の外を向いている人いませんか?
その人は回内ではなく回外をしている人ですよ。

下の図は文中の´↓の図説です。

手首を親指側と小指側に倒す動きです


手首を手のひら側と手の甲側に反ったり落としたりする動きです


手平を上に向けたり下に向けたりする動きです


PNFCではこういった動作を円滑に行えるようにコンディショニングを行います。
| 小言 | 00:08 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
スポンサーサイト
| - | 00:08 | - | - | ↑TOP
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
CATEGORIES
RECOMMEND
だれもができる速効コンディショニング法―症状改善手技&運動的処方
だれもができる速効コンディショニング法―症状改善手技&運動的処方 (JUGEMレビュー »)
高田 一寿, PNFC TEC JAPAN, 日本ムービングストレッチ協会, 日本AQUAコンディショニング協会
PNFC TEC JPAN からの本です
読んで損はないと思います
スポーツマンから施療家まで
みなさん一度読んでみてください。
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
いろいろ探してみませんか?
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE
SPONSORED LINKS