<< PNFC TECについて | main | スターティックストレッチ(静的体操) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑TOP
ストレッチ(体操)してますか?
1、ゆっくり休んでますか?
2、しっかり休んでますか?
→うんと言えないあなたに送ります。

休むため・動くため両方への一つの大事な要素・・・
もちろんストレッチ(体操)ですね。
今日はそんなストレッチの種類をざっと書きますよー楽しい

簡単に分けるとこんな感じになります
(参考)http://www3.plala.or.jp/nyarome/tre/stretch/st3.htm

●スタティックストレッチ(静的)
・一般的に想像されるストレッチがこれにあたります。
・一人で簡単に行うことが可能です。
・ダウンにむいてます
もうちょっと詳しく

●ダイナミックストレッチ(動的)
・主に「動的柔軟性」を改善、獲得するためのストレッチです。
・アップにむいてます
もう少し詳しく

●バリスティックストレッチ(ダイナミックの一種)
・反動を利用したストレッチです。
・アップにむいてます
もう少し詳しく


●徒手抵抗ストレッチ(PNFストレッチ等)
・パートナーが抵抗をかけながら行うストレッチです。
・手技に熟知している必要があります。(パートナーの力量が勝負)
もう少し詳しく

●※ムービングストレッチ(動的な部分と静的な部分があります)
もう少し詳しく
・アップ&ダウン両方OKです

といったおおまか3種類になります
どのストレッチも一長一短(ムービングを除く)でありその使い方次第
ということはなんとなくわかっていただけると思うのですが、
最初の文章の『ゆっくり・しっかり・・・』にかかるというとですね、
簡単に書くと、
疲れる→筋疲労→硬くなる→血行不良
といった状態でただ寝ると、
血行不良のため→疲労物質が流れにくい→疲れが抜けない
→疲れやすくなる
といったことはよくある話です、
そして適度なストレッチは副交感神経・交感神経を刺激し
その場にあった気持ちを作ってくれるので、
寝る前で言えば静的ストレッチを行うと副交感神経を刺激し、
体を休める方向へと導いてもらえます。

ほかにもさまざまな効果があるのでそれはまた次回にしたいと思います。
ではまた月
| 健康一般 | 00:02 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
スポンサーサイト
| - | 00:02 | - | - | ↑TOP
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
CATEGORIES
RECOMMEND
だれもができる速効コンディショニング法―症状改善手技&運動的処方
だれもができる速効コンディショニング法―症状改善手技&運動的処方 (JUGEMレビュー »)
高田 一寿, PNFC TEC JAPAN, 日本ムービングストレッチ協会, 日本AQUAコンディショニング協会
PNFC TEC JPAN からの本です
読んで損はないと思います
スポーツマンから施療家まで
みなさん一度読んでみてください。
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
いろいろ探してみませんか?
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE
SPONSORED LINKS